理想の睡眠時間に対する持論

理想の睡眠時間に対する持論

理想の睡眠時間に対する持論

理想の睡眠時間に関して気になるという人は多いでしょう。
日本では昔から理想の睡眠時間は8時間だという説が深く根付いていますが最近では
8時間は寝すぎなのではないかという意見もチラホラ見るようになりました。
結局のところその個人によって違うと思うので自分が一番納得できる睡眠時間を
できる限り保っていくのが重要なんじゃないかと個人的には思っていたのですが
この前まさにそんな意見を言っている専門家を見つけてしまいました。
とても共感できる記事に感動をして名前だとかそんなものは忘れてしまったのですが
要するに理想的な睡眠時間は人それぞれで無理やり理想の睡眠時間を追い求めて
もっと寝なきゃいけないとか早く起きなきゃいけないと考えることは良くないと。
なので6時間の人は6時間だし7時間の人は7時間でいいということですね。
自分の中では前々から思っていたことでもあるのですがそれが記事になっていると
変な感動を覚えるというか認められた感じがしてとても嬉しいですね。
ちなみに個人的には6時間30分から7時間30分の間で起きると眠くなることもなく
一日中スッキリとしていられるような気がしています。
年を取るとまた変わってきたりするのかもしれませんがあくまでも自分基準という
考えだけは忘れないようにしようとより一層強く感じたのでした。
不眠症の治し方

ホーム RSS購読 サイトマップ