多過走行車

多過走行車でも高く売れるのか?

多過走行車でも高く売れるのか?

一般的に走行距離の多い車のことを多走行車や多過走行車と言ったりしますね。
個人的には多過走行車と言っていたほうがしっくりくるのですが。
それでこうった車は普通の車に比べると売ろうと思う瞬間は多くなると思います。
でも中古車査定の基準からすると走行距離が長ければ高くは売れないと思って
しまう人もいることでしょう。
しかし、10万キロを超える多過走行車でも10万円とか20万円の値が付くこともあります。
特に海外で人気の車種を海外への輸出を専門に扱っている中古車買取りのお店に
売ることができればこれぐらいの価格は結構普通に出るものです。
マッチングが大事みたいな話になりますが、多過走行車でも高額査定となることも
あるのでできればそういう買取り業者と出会うまで査定を続けたほうがいいでしょう。
ちなみによく10万キロというのが一つの車の寿命と言われていますが、性能のいい
日本車の場合は10万キロを超えても余裕で走り続ける車もたくさんあります。
場合によっては20万キロを超えても問題がないという場合もあります。
10万キロを超えると寿命だというのはあくまでも整備費用や消耗品の交換などの
維持費を考えると新しい車を買うのと変わらないことが多いという買い替えの目安で
あって決してそれ以上乗ることができないというわけではありません。
ただ、これはあくまでも目安で全くメンテナンスをしていないなどの状況によって変わります。

ホーム RSS購読 サイトマップ