セロトニン症候群

セロトニン症候群は治らない?

セロトニン症候群は治らない?

抗うつ剤の大量摂取などで引き起こされるセロトニン症候群という症状があります。
聞いたことがある人ももしかしたらいるのかもしれませんね。
このセロトニン症候群というのは今のところハッキリとした治療法があるわけでは
ないようです。原因としては脳内のセロトニン濃度が高くなることで引き起こされると
いうことはわかっているみたいですけどね。
このセロトニン症候群が起こると不眠や頭痛、興奮状態などの症状が表れるそうです。
大学病院の精神科に行っても治らないそうなので結構重大な問題ですね。
セロトニンというと不足していることで不眠やうつの症状が出る原因と言われていますが
増やし過ぎも良くないということなんですかね。とはいってもセロトニン症候群は
あくまでも薬の大量摂取によって引き起こされることが多いので日常生活でちょっと
セロトニンを増やすために効果的だというようなことをやっていたぐらいでは
そうはならないと思いますが、何事もバランスが大事だということですかね。
逆にいうと脳内のセロトニン濃度を上げるのなら薬ではない方法を試したほうが
いいのかもしれませんね。セロトニン症候群になるともうセロトニンのことを
幸せホルモンなんて思えなくなってしまいそうですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ