失敗は成功の母

失敗は成功の母は、毎朝の朝食にあり。

失敗は成功の母は、毎朝の朝食にあり。

サンドウィッチが、朝食用に毎朝あります。
以前はバターパンのシンプルな朝食でした。
オシャレな朝食に憧れた時期もあり、何皿もテーブルに用意した事もありましたが、洗い物が増えるので面倒くさくなりました。
サンドウィッチに凝っているのは、家人です。
私はバターパンが好きなのですが、サンドウィッチも大抵は美味しいので、当分このままでいいと考えています。
サンドウィッチの具ですが、本当に美味しい素材から、エッと驚く材料まで様々に入れてくれます。
大抵は美味しいのですが、よくサンドウィッチをここまで不味く仕上げる事が出来るなと、感じる事も多々あります。
美味しい材料とは、玉子、ハム、キュウリ、トマト、キャベツ、レタス等です。
オーソドックスな材料です。
不味い材料とは、イチジクです。

 

このイチジクが入ると、どんな材料も不味く感じる程の出来栄えとなりました。
アボガドは本来美味しいサンドウィッチの材料の筈が、イチジクと合わせると、水分が出過ぎてとんでもないハーモニーを口の中で巻き起こします。
ですが、私が本当に述べたい事は、不味いという事ではありません。
「これは美味しいのでは」と、あらゆる材料をサンドウィッチにする研究心がすごいと、感心しているのです。
失敗は成功の母とは、こんなありふれた食卓から始まるのだと感じました。

ホーム RSS購読 サイトマップ