お金

お金を怖いと思った瞬間。

お金を怖いと思った瞬間。

私の叔母の話なんですが。
叔母はずっと銀行で働いていて私の母や親戚みんなが叔母の銀行で口座を作っていました。
なのでみんなお金の振り込みなどの際には叔母に頼んだりしていてお金の管理をほとんど叔母に頼んでいました。
ところがある日、親戚みんなの口座から大金が勝手に引かれるという事件が起きました。
もちろんみんな大きな買い物をしたりしたわけではありませんでした。
そこでみんなで叔母に事情を聞いてみると、なんとお金を使った犯人はその叔母本人だったんです。
実は叔母は数年前から金融会社に借金をしていて利子が膨らみもう借金が自分では返済できないほどになってしまい勝手にみんなの口座からお金を引き出し、それを返済に使ってしまったのです。
当然親戚みんなは激怒して、叔母を責めました。
過払い金 発生 条件

 

そしてその後何度も親戚同士での話し合いが設けられ、結果叔母は銀行を退職する事にしてその退職金で金融会社への残った借金を返済し、親戚には旦那さんの給料などから少しずつお金を返していく、という事になりました。
それから数年経ちましたが、現在もまだ親戚みんなにはお金を返し終えていません。
先日祖父が亡くなり、お葬式で親戚全員が集まる機会があったのですがみんなあからさまに叔母の事を無視していました。
そして叔母がいない所でみんなでひどい悪口も言っていました。
お金を取られたわけですからみんなの怒りは当然だとは思いましたが、私はその光景を見ていてなんだか悲しい気持ちになりました。
その事件が起きる前まではみんな本当に仲の良い楽しい親戚関係だったのに。
お金はこんなにも人を変えてしまうんだなと恐ろしくもなりました。
やはりお金とは怖いものなんですね。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ