珍しい発電方法について

珍しい発電方法について

珍しい発電方法について

私たちの生活にとって切り離せない電気エネルギーですが、現代な色々なユニークな方法でクリーンエネルギーとして発電する方法が試みられています。例えば、振動によって発電するという「振動力発電」がその一つです。人間の歩行による振動を活用し、クリーンエネルギーとして発電するという画期的な研究が注目を集めています。しくみは、床に埋め込まれた圧電素子に外力が加わると圧電素子が歪んで発電するというものです。これを発電床と言い、すでにさまざまな場所で実験され、実用化が進められています。例えば、2008年12月25日には、渋谷駅のハチ公前広場で試験的に発電床を設置しました。1平方メートルのパネルの上を2度人が通る度に約0.5ワット発電するというものです。その他にも、高速道路等に設置し車の振動により発電する実験が行われており、新江ノ島水族館のモニュメントの点灯や、コクヨファニチャー株式会社の本社のオフィス入口の矢印マークなどではずでに実用化されています。このように次世代のクリーンエネルギーとして期待されている発電床は、その応用として「発電靴」「発電杖」など、身近なアイテムでの開発も進められています。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ